ー依存症から回復するとー 依存症の回復に役立つこととは。

Thursday, April 5, 2012

メッセージ2

今日行ったmtgでリンダが、
ある日目が覚めた時から、あんた達なんかの言う通りになんてしないわよ、という気持ちが、あんた達には私は止められないわよ、という風に変わった。と言った。

There is a solution (解決法がある)というビッグブックの第2章を読みました。リンダは、私は今日AAに行くっていう事は、今日の分の救命ボートを作りにいく、っていう風に考えている、と言っていた。

彼女がAAを始めてすぐの頃、彼女のスポンサーがmtgの前に迎えにきた。リンダはかなり行きたくなかったので「服も着替えていないし顔も洗ってないから、自分はいいから先にあなただけ行ってて。」と言ったらしい。そのスポンサーは「あんた救命ボートに乗るのに着替えたりする必要ないでしょ」と行って、結局その日はリンダはパジャマのままmtgに出席したらしい。

そのうち回復して落ち着いてきたリンダは、身なりも綺麗にして自分のためでなく今日くる人のために救命ボートを出しにいくようになっている。彼女は今すごいおばあちゃんで35年もAAにいて、それでもとても若々しい。


私がミシガンに来た最初の週に、隣の市で『back to basics』という、ナントカという人が作ったフォーマットを使ってビッグブックの文章の行間を読みながら?、ステップとはなんぞよと考えるというような勉強会があることがわかり、しかもそのナントカ氏(思い出せん)自身も来るらしく、その頃の私は是非それに行きたいと非常に興奮したのでした。そこでその広告に書かれてる連絡先→リンダに電話したところ、英語ゼロの私の訴えを汲み取ってくれ、迎えを寄越してくれて、そのナントカ氏にも紹介してくれて、その後もリンダ家のmtgなどにも呼んでくれた、等等
大いに助けてもらったのでした。そのようにリンダのおかげで出だし好調となった私は、その後も数百人の人に引き続き助けられ、英語ゼロのくせに何年もここで一人で生活してきたのでした。

リンダは今も同じようにおばあちゃんです。

No comments:

Post a Comment