ー依存症から回復するとー 依存症の回復に役立つこととは。

Wednesday, April 11, 2012

腹が立つ

今日mtgでお兄さんが、自分の今の状況はやけに腹が立つのと、辛抱がきかないということです、と言いました。mtg会場の近くの交差点で大規模な道路工事が始まって、右折左折が大変なんです。それにひっかかって、今日来るのが遅れちゃった時点でもかなり腹が立ったのだけど、先日2枚で3万程度のコンサートのチケットだけど、どうしても行きたいコンサートチケットをebay で手に入れることができて、その日が目前に控えているのだけれど、まだチケットが送られてこない。郵便局に問い合わせたら、他の県になぜか配達されていて、今送り返す様に言っている、という事だったけれど、何という不届き!と非常に腹が立ってしょうがない。こんな事をされて、しばらくイライラが収まらないもんで、こういうのが飲酒の引き金になってしまう。

ということでした。

次にシェアをしたおじさんは、辛抱することっていうのがつまり、受け入れるという行動だ、と言っていました。

受け入れることが鍵である、ということはAAでは基礎の基礎で、人に深く浸透しているので、どんな小さな事でも怒りで我を忘れやすいAAメンバーにとって、その怒りの只中にいる時に、基礎に重要な事とはなんだったか、と他のメンバーに思い出させてもらうのはとても助けになる。

他のおじさんが、シラフは実に酒と同じだけのものを自分に与える、と言っていた。酒を飲んでいた時に得られていたものは、シラフでも得ることができるものだよ、と。

ふーん。


ちょうど私も昨日ハナ子が昼寝をしないので腹が立ってしょうがなかったので意地悪をしました。一緒に遊んであげないで、私がしたかった事をしていたんだけど、ハナ子は外に行きたかったし本を読みたかったし、何か一緒にしたかったらしい。それでも疲れているのが目にみえているので、そんなんだったらさっさとベッド行けよ、と私は腹が立ったのでした。

今日そう言う風にいったら、さっきのおじさんが自分も娘を幼稚園から迎えに行っていた時期があって、そのあとたまに娘は昼寝をしなかった。そういう日は自分も腹が立ったといった。自分にも自分の自由な時間が必要だ、やることを色々予定しているのに娘はなぜ私の予定どおりに動かない?と腹が立つもんだと。自分の視野がいかに狭く、自分の全世界がいかに自分だけだったのか、がよく分かると言った。AAメンバーはそのようになりがちなので、もっと外へ自分の意識を開けておくべきだし、そのような出来事を私に与えることによって、その視野の狭さにあとで気づき、態度を改める結果となれば良い、という意図から、神様がそのような日を与えたんだろうかね、と思う、と。

ステップ6とステップ7は、自分の欠点を知りそれを100%改善しようという意欲をもつ、というものである。毎回毎回、怒りやその時の感情にのって、その欠点丸出しの行動をとってしまうのだが、そのあとにそれを改め、次同じ状況にあっても同じ行動はしないぞ、という気持ちにはなることはできるようになってきた。

このように、自分を常に改善、向上させていくという意欲があることがステップ6、ステップ7に取り組んでいること、と言えるらしい。

謙虚という言葉の意味は、向上心をもつという意味である。

No comments:

Post a Comment